未分類

上田勝彦の経歴や顔画像!ウエカツが旨すぎる?

2020年3月8日の午後11時00分より放送をされる情熱大陸に魚食普及人である「上田勝彦さん」が登場されます。

上田勝彦さんの顔画像や経歴なとも気になりますよね。

そこで今回は上田勝彦さんについてご紹介させていただきます。

最後までお付き合いお願いします

上田勝彦が情熱大陸に登場

2020年3月8日の午後11時00分より放送をされる情熱大陸に魚食普及人である「上田勝彦さん」が登場されます。

取材中には、北海道の根室で、魚体のサイズが不揃いであるなどの理由から非食用に回されたり、低い価格でしか評価されない、いわゆる”未利用魚種”の一つであるモクズガニを発見。新たな利用法を模索する上田の姿に密着した。果たして有効活用できるヒントは見つかるのか…。魚食普及にかける男の情熱を追う―。

放送が楽しみですね。

上田勝彦はスゴい

上田勝彦さんは元漁師、そして元官僚です。

「魚の伝道師」目からウロコの料理で全ての料理を美味しくするとして有名です。

大柄な雰囲気でいかにも漁師という出で立ちに見えるのですが、料理人でもなく元エリート官僚である上田勝彦さん。

5年前に、水産庁の官僚という肩書き捨てて魚離れがすすむ水産業界を立て直そうと立ち上がりました。

生産、流通、小売、飲食、家庭の食卓という5つをベースに魚食文化を復興すべく全国を飛び回ります。

漁の現場からスーパーマーケットでの販売わ、家庭でかんたんに美味しく魚を食べる方法などを伝えようとウエカツというニックネームで全国で汗を流す魚の伝道師。

上田の料理にレシピはなく、教えるのは「料理の仕組み」。塩を打つことや焼くことによる肉質の変化や調味の効果を実演しながら教えていく。そこには、”魚料理は面倒くさい”というイメージを覆す、目からウロコの情報が満載。料理教室の主婦たちは、その美味しさに驚嘆の声を上げる。

上田勝彦の顔画像や経歴

上田勝彦さんの顔画像

上田勝彦さんのプロフィールや経歴

名前:上田勝彦

年齢:55

生年月日:1964年(昭和39年)

生まれ:島根県出雲市

職業:魚食普及人

書籍:「ウエカツの目からウロコの魚料理」「旬を楽しむ魚の教科書」

経歴:

長崎大学水産学部に在学中、漁師として活動します。

1991年に、水産庁に入庁し官僚に。

瀬戸内海虚業調整事務所、遠洋課捕鯨班、資源開発センター、資源管理か課などの公務をします。

2015年、今から5年前に退職をし

・東京海洋大学客員教授

・日本調理師会食育指導員

・水産庁水産復興アドバイザー

・全量連プライドフィッシュ企画委員

・ウエカツ水産代表取締役

です。

水産庁研究指導課情報技術企画官。長崎大学水産学部在学中より漁船で働きながら日本の漁村を行脚する。

平成3年の入庁以来、瀬戸内海の漁業紛争の調整、南氷洋・北洋の調査捕鯨、太平洋マグロ漁場の開発、日本海の資源回復プロジェクト等に従事。島国である日本の水産業を支える「魚食力」を再興するため、料理教室や雑誌・テレビ・ラジオ等を通じ、トークと料理でサカナの魅力を伝える魚の伝道士。魚食復興集団「Re‐FISH(リ・フィッシュ)」代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

世間の反応

  • おいしそう
  • なんだ、ただのエリートじゃん。
  • エリート官僚!
  • 魚が食べたい
  • 確かに魚食べないよね、今のこ。
  • すごそう。
  • さばけるし釣れるしなんでもできる
  • いや〜いいね
  • おなかすいてきた
  • 魚離れまさに進んでますよね。歯止めになれば良いのですが

まとめ

2020年3月8日の午後11時00分より放送をされる情熱大陸に魚食普及人である「上田勝彦さん」が登場されます。

情熱大陸をきっかけにますます魚について知りたくなりそうですね!

放送が楽しみですね。

最後までお読み頂き有難う御座いました