未分類

キングヌーのメンバーや経歴は?人気沸騰でヤバい?

2020年2月23日の午後11時00分より放送をされる情熱大陸に歌手である「King Gnu(キングヌー)」が登場されます。

2019年には紅白歌合戦への出場を果たし、徐々に人気になってきているKing Gnu(キングヌー)。

メンバーそれぞれの顔画像や経歴なとも気になりますよね。

そこで今回はKing Gnu(キングヌー)についてご紹介させていただきます。

最後までお付き合いお願いします

King Gnu(キングヌー)が情熱大陸に登場

2020年2月23日の午後11時00分より放送をされる情熱大陸に歌手である「King Gnu(キングヌー)」が登場されます。

音楽を通して、一緒に夢を共有しているという4人のメンバー。

情熱大陸では、去年の8月から彼らに密着開始しフェスや全国ツアーで多忙な時期に取材を行ったそうです。

曲をリリースするごとに注目度を増し、ファンが増える彼らがこの先に見つめるものとは?

放送が楽しみですね。

https://twitter.com/DaikiTsuneta/status/1229319746396606465?s=19

King Gnu(キングヌー)はスゴい

King Gnu(キングヌー)の快進撃はスゴイです!

King Gnu(キングヌー)はの存在がより広く知られるきっかけになった楽曲、人気になったきっかけはテレビドラマの主題歌にもなった「白日」。

発売から1年たった現在でも、売れ筋が衰えることはなく、ストリーミングは1億回再生を突破しました。

そして、デビュー間もなく2019年の紅白歌合戦への出場。

デビューわずか1年余りで破竹の快進撃を続けているのがKing Gnu(キングヌー)です。

King Gnu(キングヌー)について

King Gnu(キングヌー)のメンバーはギター&ボーカルの常田大希。

ベースの新井和輝。

ドラムの勢喜遊、キーボード&ボーカルの井口理の4人で作られたバンドです。

常田大希と井口理は長野県の伊那市生まれで幼馴染みで井口理が1つ下。

新井和輝は東京の福生市生まれで勢喜遊は徳島県の阿南市生まれです。

そんなKing Gnu(キングヌー)を率いるのは、全ての楽曲の制作を手掛けている常田大希。

常田が活動していたバンド「Srv.Vinci」のメンバーが交代する形でで現在の4名体制に固まりました。

同い年の新井和輝(ベース)、勢喜遊(ドラム)と2015年に出会い、一緒に活動をするように。

ロックバンドマンらしい風貌ではあるものの、常田と井口は共に東京藝術大学音楽学部に在学歴があり才能は計り知れない。

いまより売れる音楽を世に出そうと方向性を定めて2017年にバンド名をKing Gnuに改名、2019年1月にメジャーデビューし去年には紅白歌合戦に登場。

2013年、常田が石若駿らと共に自らのソロプロジェクトとして前身となる「Mrs.Vinci」を結成。その後「Srv.Vinci(サーヴァ・ヴィンチ)」へ改名。
2015年、常田と知り合った勢喜が新井を誘う形で4人での活動を始める。
2017年、バンド名を「King Gnu」に改名。
2019年、メジャーデビュー。年末には、第70回NHK紅白歌合戦に出場。

世間の反応

https://twitter.com/SKC2ndseason/status/1229559236767580161?s=19

まとめ

2020年2月23日の午後11時00分より放送をされる情熱大陸に歌手である「King Gnu(キングヌー)」が登場されます。

情熱大陸をきっかけにますます人気になること間違いなしでしょう。

放送が楽しみですね。

最後までお読み頂き有難う御座いました