ドラゴンエイジーブラッドメイジの聖戦ー

ABOUT THE MOVIE

  • 「ドラゴンエイジ−ブッラッドメイジの聖戦−」劇場グッズ 好評発売中!
  • ケータイ/スマートフォン対応 待ち受け画像プレゼント
  • DragonAgeⅡ公式サイト
  • Twitter公式アカウントはこちら

キャスト/スタッフ

谷原章介インタビュー レガリアン・ドゥマルカル役

― 『ドラゴンエイジ』の収録を終えての感想をお願いします。
谷原「今回、ちょっと三枚目とは言わないんですけど、所謂二枚目ではなく砕けた部分もあって、やっていて楽しかったですね。前回、曽利さんとご一緒させていただいた『ベクシル』では、男らしい二枚目のキャラクターだったので、遊ぶ余地があまりなかったんですけども、今回はそういった意味では遊ぶことも出来ましたし、前とは違ったやりがいも感じました」
― 俳優として演じることと、声優として演じることで気をつけていることはありますか?
谷原「テクニカルになりすぎないことですかね。役者として演る方となると、自分の体を使って演じることになるので、動きや表情をこちらから発信することが出来るんですけど、既に撮られている実写版の映画や今回のようなアニメの作品ですと、別の人の意図のもとに動いているものに自分を投影して合わせなければならない。そのキャラクターの内面だったり表情だったり…そういった細かい所でキャラクターってだんだんにじみ出てくると僕は思っているんですけど、そういう部分が既に指定されているので、そこに自分を合わせていかなくてはいけないっていう意味では、普段のお芝居とは全然違った意味でやりがいがありますし、僕自身としてはそういう演じ方もすごく好きです。ただ、役者がこうやって声優のお仕事をさせて頂く際に、きちんとしたテクニックが備わってないと、まわりの声優の方から浮いてしまって、"この人はアニメの声優としては素人だな"っていうのが作品を観ている人に見えてしまうこともあって、それはもちろんよくないことなんですが、だからといって逆にテクニックに囚われて声優さんの演技に近づこうとすると、今度は俳優がやっている意味がなくなってしまう。なので、テクニックはもちろん意識しつつも、そこに囚われずに如何にそのキャラクターに"生っぽさ"を出せるかというところに気をつけて演じさせて頂いております」
― 今回、苦労したシーンなどはありますか?
谷原「ここが特にというところはないですが、キャラクターのくだけた部分と、正統派と言うか、ドンと構えたシリアスな部分のさじ加減はすごく気にしながら演じていました」
― では、気に入っている場面はありますか?
谷原「最後のカサンドラとのシーンです。二人の距離がぐっと縮まるところですから、コミカルなところもシリアスなところもガリアンのキャラクターが全部出ていて、そういう意味ではすごく好きですね」
― ガリアンって、最初はカサンドラに引っ張られて巻き込まれているような感じですが、いつの間にかカサンドラを導いていっているんですよね。
谷原「確かに年上のキャラクターですし、カサンドラのことを常にそばから陰日向になって支える役なので、彼女を見守り、結果的には導いていくことになるんですね。その距離感の変化も見所もひとつだと思います」
― 『ドラゴンエイジ』という作品は非常に凄惨な描写もあるダークファンタジー作品ですが、谷原さんご自身はこういう世界観の作品はお好きですか?
谷原「表現は過激ではありますが、元々は僕らが子供の頃からやって来たロール・プレイング・ゲームの世界観と変わらないじゃないですか。『ウィザードリィ』や『ドラクエ』や『FINAL FANTASY』もそうですし、後は『女神転生』もちょっとダークな要素がありましたし、そういった意味でダークでファンタジーな世界観は割と身近な存在ではあるんですけど、ただ血がドバッと出るとびっくりします(笑)。『椿三十郎』くらいのドバッと感がありますからね」
― そうですね。
谷原「そうですの"です"が"DEATH"になるくらいですからね(笑)」
― この流血度は『椿三十郎』か『ドラゴンエイジ』かってくらいですよね(笑)。
谷原「そうDEATH!(笑)」